作品・仏師について

仏師 関侊雲
仏師 関侊雲
  • 関侊雲仏所 代表
  • 関 侊雲 仏像彫刻・木彫刻学院 代表
  • 侊心会 仏像彫刻・木彫刻教室 代表
  • 一般社団法人 日本木彫刻協会 会長

作家の特徴

代々伝わる伝統の技術を継承し、仏師としてだけでなく、教室、協会等の重責を担っており、指導者としても後進の発展に手腕をふるっている。京都の伝統的な仏像の技法と井波や日展の技法を師斎藤 侊琳から学び躍動感と繊細さを兼ね持つ作品となっている。

略歴

昭和48年群馬県前橋市に生まれる。 父 勇は東京唐木仏壇工芸師
平成05年東京農業大学第二高等学校卒業
平成06年日展作家で仏師 斉藤侊琳先生に弟子入り
平成09年斉藤侊琳先生より、北陸仏像彫刻教室の講師に指名される
平成12年年季を明け、斉藤侊琳先生より「侊雲」の仏師号を賜り独立する
平成13年関侊雲仏所を富山に構える
平成18年木彫展Do it !!実行委員会を設立、会長に就任。以後、展覧会活動、仏師・木彫師による社会貢献活動を多数開催
平成19年関侊雲仏所 東京工房を構える
同年関侊雲仏所 群馬工房を構える
同年木彫り通信を創刊
同年侊心会 仏像彫刻・木彫刻教室を開催、代表に就任
平成22年関侊雲 仏像彫刻・木彫刻学院を開校、代表に就任
同年初の著書「彫刻刀で作る仏像」を出版
平成23年映画「大鹿村騒動記」の撮影の為に東映より依頼を受け、仏像数体を納入。俳優の三國連太郎氏に彫刻の演技指導を行う
同年二冊目の著書「彫刻刀で楽しむ仏像」を出版
平成24年三冊目の著書「思い通りに彫れる仏像彫刻」を出版
平成25年日本木彫刻協会を設立、会長に就任
同年群馬県前橋市の天明寺に十一面観音菩薩立像を納入
同年四冊目の著書「続・彫刻刀で楽しむ仏像」を出版
平成27年映画「夏美のホタル」の撮影の為に映画制作会社より依頼を受け、俳優の小林薫氏に彫刻の演技指導を行う
同年五冊目の著書「人気の三種が彫れる仏像彫刻」を出版
同年東京都台東区上野の上野の森美術館にて 第1回日本木彫刻展を開催
同年イタリアのミラノ国際博覧会(ミラノ万博)に聖観音菩薩立像を出展
平成28年東京都台東区上野の上野の森美術館にて 第2回日本木彫刻展を開催
同年東京都中央区銀座のギャラリームサシにて 第1回関侊雲仏所展を開催
現在、東京・群馬・富山・石川・新潟の五都県、計十ヶ所で教室を開催

関侊雲仏所 作品集


阿弥陀如来像

聖観世音菩薩

釈迦如来像

長谷寺式十一面観音菩薩立像

聖観音菩薩立像

弥勒菩薩像

達磨大師像

聖観音菩薩像